メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

夏場所開催断念、番付は? 7月に東京で開催予定 来場所に引き継ぎ=回答・村社拓信

番付表を指して笑顔を見せる朝乃山=矢頭智剛撮影

 なるほドリ 新型コロナウイルス感染拡大の影響(えいきょう)で大(おお)相撲(ずもう)夏場所(なつばしょ)が中止になったね。すでに発表された番付(ばんづけ)はどうなるの?

 記者 日本(にほん)相撲(すもう)協会(きょうかい)は5月4日に夏場所の中止などを決めた際、4月27日に発表した新番付は、東京・両国国技館での無観客開催(かいさい)を目指す7月の本場所にそのまま移行すると発表しました。春場所後に大関に昇進(しょうしん)した朝乃山(あさのやま)も、そのまま7月の番付に引(ひ)き継(つ)がれます。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです