連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

便失禁、長引きますか=答える人・吉岡和彦教授(関西医大総合医療センター・消化管外科)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
吉岡和彦 関西医大総合医療センター教授
吉岡和彦 関西医大総合医療センター教授

 Q 便失禁、長引きますか

 自分の意思に反して突然、大量の便が漏れる便失禁に悩んでいます。薬を飲み、水分を取るよう心がけていますが、長引きますか。(大阪府、女性、76歳)

 A 薬で改善、重い時は神経刺激療法

 便失禁の原因の一つは、肛門を締める括約筋という筋肉が、加齢で衰えて緩くなることです。特に女性は、出産で傷つくと、年を取ってから発症しやすくなります。痔(じ)の手術や事故なども原因となります。国内に約500万人の患者がいるとみられます。

 最初の治療法は、ポリカルボフィルカルシウムという薬の服用です。便の水分を吸収して固め、漏れにくくする効果があります。完全に治るわけではありませんが、6~7割の人で日常生活に支障がない程度まで改善します。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文742文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集