メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検察庁法改正案 自民の強引審議、かえって質問集中 「専門外」担当相があやふや答弁

 検事総長や検事長らの定年延長を可能にする検察庁法改正案などを審議した13日の衆院内閣委員会で、武田良太行政改革担当相は黒川弘務東京高検検事長の定年延長とは無関係だと強調したが、野党は反発。「黒川氏の人事を後付けで正当化する法改正だ」と批判した。自民党内からも強引な法改正に不満が漏れている。

 「検察庁法に関する質問は本来、法務省からお答えすべきだが」「法務省内部でどういう議論がされたか、具体的なことは言えないが」――。

 武田氏は答弁で、検察庁法改正案は「専門外」であると繰り返しつつ、検察幹部の人事を恣意(しい)的に行うことはないと繰り返した。関連法案は、武田氏が所管する国家公務員法改正案に加え、自衛隊法など計10本の改正案が含まれる「束ね法案」だが、野党の質問はすべて検察庁法改正案に集中した。

この記事は有料記事です。

残り1864文字(全文2215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. うがい薬転売横行 違法なヨード系はサイト削除、代わりに“透明”が高値

  4. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

  5. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです