特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「特定警戒」「拡大注意」「観察」都道府県を3分割 専門家会議提言案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「新しい生活様式」などが検討された専門家会議=東京都千代田区で2020年5月4日午前8時32分、玉城達郎撮影
「新しい生活様式」などが検討された専門家会議=東京都千代田区で2020年5月4日午前8時32分、玉城達郎撮影

 新型コロナウイルス感染症の対策を検討する政府専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)が14日に公表する提言案をまとめた。今後、都道府県を感染状況に応じて、「特定警戒」「感染拡大注意」「感染観察」--の三つに分類するよう求める。

 緊急事態措置を巡り、国民生活に大きな影響をもたらすため、本来、できるだけ避けなければならず、感染状況を振り返りつつ、地域のリスク評価をしながら対応を検討していく必要があると指摘。専門家会議として今回、新たな地域区分と取るべき対策をまとめた。

 「特定警戒」では、引き続き人と人との接触の8割削減を目指し、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づきクラスター(感染者集団)発生の恐れがあるイベントやライブハウスなどの自粛を続けるよう求める。公園や博物館、図書館などは感染防止策を講じれば開放できる。再指定の指標も定め、直近1週間の人口10万人当たりの累積感染者数や感染経路不明者の割合、重症患者と入院患者の推移などを総合的に判断する。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文816文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集