メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内戦下のアフガンで感染拡大か 治安悪化や貧困…コロナが新たな試練に

銃撃されたカブールの病院を警備するアフガン治安部隊員ら=12日、AP

 内戦下のアフガニスタンで新型コロナウイルス感染拡大への懸念が高まっている。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、12日時点の感染者数は約4600人、死者約120人にとどまるが、検査数が少ないため、「実際は相当広がっている」(地元医師)との見方がある。米国と旧支配勢力タリバンとの合意に基づく和平プロセスも停滞し、治安回復が見込めない中、アフガンは新たな試練に直面している。

 「この国で感染が拡大すれば恐ろしい事態になる。みんな戦々恐々としている」。首都カブールの教師モハマド・ジャラルさん(35)は電話取材にこう話した。実際、保健相や大統領府職員約40人も感染し、ガニ大統領も自主的に一時隔離を実施。5月4日には在アフガンの日本大使館員の感染も確認された。

 3日の同省の発表によると、カブールの住民500人を無作為に選んで検査したところ、156人が陽性だった。機器の不足などにより検査数は12日時点で約1万8000件にとどまっており、既に感染が拡大している可能性もある。

 ウイル…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです