「このカレーで難局乗り切って」サッカー日本代表専属シェフ 医療従事者に振る舞う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療従事者のためカレーライスを準備する西芳照さん(右)=福島県南相馬市立総合病院で2020年5月12日、高橋秀郎撮影
医療従事者のためカレーライスを準備する西芳照さん(右)=福島県南相馬市立総合病院で2020年5月12日、高橋秀郎撮影

 福島県南相馬市小高区出身でサッカー日本代表専属シェフの西芳照(よしてる)さん(58)が12日、同市立総合病院で職員らに手作りカレーライスを振る舞った。西さんは「医療従事者は、新型コロナウイルスとの闘いの最前線。少しでも元気になり、難局を乗り切ってほしい」と応援した。

 カレーは、代表選手が試合後に宿舎で食べる人気メニュー。食欲がなくても食べやすく、栄養バランスに優れていて…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

ニュース特集