連載

国会を問う

国会審議の場などで起きていることを調査した。「言論の府」と呼ばれる国会のあり方を改めて考えたい。

連載一覧

国会を問う

検察庁法改正案審議中にワニの動画閲覧 自民・平井前科技担当相「たまたま出た」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院内閣委員会で検察庁法改正案の審議中にタブレット端末でワニの動画を見る平井卓也・前科学技術担当相=2020年5月13日午前9時9分
衆院内閣委員会で検察庁法改正案の審議中にタブレット端末でワニの動画を見る平井卓也・前科学技術担当相=2020年5月13日午前9時9分

 検察官の定年延長を可能にする検察庁法改正案をめぐる13日の衆院内閣委員会で、委員の平井卓也・前科学技術担当相(自民)が、野党議員と担当大臣の質疑中に自身で持ち込んだタブレット端末で動物の動画を約5分見た。衆院事務局は質疑と無関係の動画を見る行為は「好ましくはない」としている。

 委員会は午前9時から始まり、平井氏は同9分から約5分間、巨大なワニが歩いたり、大蛇にかみつかれたりする動画を見た。音声は出ていなかった。

 閲覧したのは今井雅人氏(無所属)と武田良太行政改革担当相が激しく質疑を交わしていた最中で、平井氏はその後、目をつむった状態の姿勢を長く続け、委員会が続いていた午前10時20分に途中退室した。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文633文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集