京都府警新庁舎お披露目、6月から業務開始 旧本部は文化庁に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開された京都府警本部新庁舎のエントランス。府内産スギが多用されている=京都市上京区で2020年5月13日午後2時39分、千葉紀和撮影
公開された京都府警本部新庁舎のエントランス。府内産スギが多用されている=京都市上京区で2020年5月13日午後2時39分、千葉紀和撮影

 京都府警本部の新庁舎(京都市上京区)が完成し、報道陣に13日公開された。災害時の拠点施設として活用できるよう震度7の地震にも耐えられる免震構造とし、地下には雨水をためる貯留槽も備えた。本部機能を移転し、6月から業務を始める。

 新庁舎は地上6階、地下2階建て、延べ床面積は約2万7700平方メートル。1階は交通部や情報公開室など来庁者が多い部署を配置した。外観はガ…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集