特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

感染経路調査、電話相談…クラスター対応最前線の保健所 解除「油断は禁物」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの電話相談を受ける保健所の職員ら=福岡県久留米市城南町の久留米市役所で2020年5月12日午後2時6分、飯田憲撮影
新型コロナウイルスの電話相談を受ける保健所の職員ら=福岡県久留米市城南町の久留米市役所で2020年5月12日午後2時6分、飯田憲撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で市民対応の最前線に立ってきたのが各地の保健所だ。福岡県久留米市の保健所は、市内のナイトクラブでクラスター(感染者集団)が発生し、休日返上で感染拡大を食い止めようと業務にあたった。14日には緊急事態宣言が福岡を含む多くの県で解除される見通しだが、保健所は「油断は禁物」と引き続き警戒を呼びかけている。

 「詳しく症状を教えてもらえますか」。今月12日、久留米市役所4階の会議室で、保健師らが慌ただしく電話対応に追われていた。ホワイトボードには、職員が情報を共有できるように感染者の行動歴などが書き込まれていた。約30人態勢を率いる石橋真弥・保健予防課長は「一時は1日に270件ほどの相談電話があり、文字通り多忙を極めた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1200文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集