メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝武士、発熱後も受け入れ先なく悪化 コロナで死去 相撲協会員に抗体検査へ

勝武士

 日本相撲協会は13日、三段目力士の勝武士(しょうぶし)(28)=本名・末武清孝、山梨県出身、高田川部屋=が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で亡くなったと発表した。協会は今後、希望する協会員全員を対象に、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施する。厚生労働省によると、これまで国内で報告されている最も若い死亡者は30代で、20代以下の死亡は初めてという。

 協会によると、勝武士は4月4日に38度台の発熱があった。師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所や複数の病院に連絡したが、受け入れ先が見つからない日が続いた。血痰(けったん)があった8日に救急車を呼び、同日夜に東京都内の病院に入院。9日に症状が悪化して転院し、PCR検査の結果、10日に陽性と判定された。19日に病状が悪化し、集中治療室(ICU)で治療を受けていたが、5月13日午前0時半に亡…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです