メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝武士、発熱後も受け入れ先なく悪化 コロナで死去 相撲協会員に抗体検査へ

勝武士

 日本相撲協会は13日、三段目力士の勝武士(しょうぶし)(28)=本名・末武清孝、山梨県出身、高田川部屋=が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で亡くなったと発表した。協会は今後、希望する協会員全員を対象に、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施する。厚生労働省によると、これまで国内で報告されている最も若い死亡者は30代で、20代以下の死亡は初めてという。

 協会によると、勝武士は4月4日に38度台の発熱があった。師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所や複数の病院に連絡したが、受け入れ先が見つからない日が続いた。血痰(けったん)があった8日に救急車を呼び、同日夜に東京都内の病院に入院。9日に症状が悪化して転院し、PCR検査の結果、10日に陽性と判定された。19日に病状が悪化し、集中治療室(ICU)で治療を受けていたが、5月13日午前0時半に亡…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです