メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

新型コロナ、厚労省が新たな「受診の目安」

 厚生労働省はこのほど、新型コロナウイルスに関する新たな「相談・受診の目安」を公表した。「37.5度以上の発熱が4日以上続く」としていた従来の表現は、平熱に個人差があるなどの理由から記載をなくした。少なくとも以下の症状のいずれかに該当する場合、「帰国者・接触者相談センター」にすぐに相談するよう呼びかけている。

 また、同省は相談・受診の前には▽発熱などの風邪症状が見られる時は、学校や会社を休み、外出を控える▽発熱などの風邪の症状が見られたら毎日体温を測定して記録しておく――などについて心がけてほしいとしている。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 東京都内で206人の感染確認 4日連続200人超

  4. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです