メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スミレの香り

/292 馳星周 画 田中靖夫

 わたしは牧場主の言葉に甘え、キャンピングカーを放牧地の出入り口の脇に停(と)めて、そこで寝泊まりしていた。

 夜はもちろん、昼間も静謐(せいひつ)で、聞こえるのは風の音だけだ。晴れた夜には、目もくらむような星空に感嘆する。

 食料を買い出しに行ったり、たまに人恋しくなって飲み屋に顔を出すとき以外は、だれにも会うこともなく、カムイとわたしだけでこの放牧地を独占している。

 雪原を駆けていたカムイが急に走る方角を変えた。どうやら、エゾリスかなにかを見つけたらしい。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです