メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 給付金10万円を手渡し 常総市、視覚障害者宅訪問 /茨城

視覚障害がある男性(左)に、給付金を直接手渡す市職員=茨城県常総市で12日

 新型コロナウイルス対応で全国民に給付される「特別定額給付金」について、常総市は12日、重度の視覚障害があり、家族による申請も困難な住民の自宅を職員が訪問し10万円を直接手渡した。職員が事前に代理署名した申請書を準備、説明を受けた住民は書面に押印した後、紙幣の入った封筒を受け取った。

 単身者や同居する家族が高齢で介護を受け…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです