メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ アマビエ絵札で悪疫退散 カレー店店長・久米田さん作製、2000枚を無料配布 きょうから /福井

アマビエの絵札を手に持つカレー店「びーどろ」の久米田賢治店長=いずれも福井市福1のびーどろで

 新型コロナウイルス感染症の終息を願い、福井市のカレー店「びーどろ」の店長、久米田賢治さん(59)が、疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」が描かれた絵札を作製した。県内の寺社2カ所で1000枚ずつ祈とうを受けた計2000枚を用意。14日から同店などで順次無料配布を始める。久米田さんは「新型コロナに立ち向かう思いを共有し、皆で困難を乗り越えたい」と期待を込める。【大原翔】

 久米田さんは長年、福井市自然史博物館(同市)などで、深海魚「リュウグウノツカイ」などの標本作りに携わってきた。近年若狭湾などでリュウグウノツカイが発見されるケースが増える中、新型コロナの感染が広がり、次第に「悪いことが起きると知らせに来てくれていたのではないか」と思うようになった。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです