メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 地域3区分、提言へ 感染状況に応じ 専門家会議

 新型コロナウイルス感染症の対策を検討する政府専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)が14日に公表する提言案をまとめた。今後、都道府県を感染状況に応じて、「特定警戒」「感染拡大注意」「感染観察」―-の三つに分類するよう求める。

 「特定警戒」では、引き続き人と人との接触の8割削減を目指し、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づきクラスター(感染者集団)発生の恐れがあるイベントやライブハウスなどの自粛を続けるよう求める。公園や博物館、図書館などは感染防止策を講じれば開放できる。再指定の指標も定め、直近1週間の人口10万人当たりの累積感染者…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです