メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

規則が細々として…

[PR]

 規則が細々として、わずらわしい手続きが求められる役所の流儀をいう「繁文縟礼(はんぶんじょくれい)」は、今やほとんど死語だろう。しかしこの四字熟語がすたれたのは、役所のしゃくし定規や形式主義がすたれたからではない▲繁文縟礼を英語で「レッドテープ」というのは、昔の英国の役人が公文書を赤いひもで縛っていたからである。融通(ゆうずう)のきかない役所の形式主義――「レッドテーピズム」が庶民のうらみやつらみの標的になるのは洋の東西を問わない▲コロナ禍による事業主や雇用者らの経済的打撃の救済策にスピードが求められることは繰り返し強調されてきた。だが助成金や給付金などの制度はできても、最初の申請手続きで目詰まりが起きているケースがあちこちで伝えられる▲評判の悪いのは雇用調整助成金で、申請に用いる専門用語は難解、必要な添付書類が多すぎると悲鳴が聞こえる。行政も必要書類の削減など対策はとったが、飲食やサービス業など同制度と縁の薄かった事業主は戸惑うばかりという▲収入が半減した個人事業主への持続化給付金はオンライン申請が原則で、パソコンやスマホを使えない高齢事業者からの相談が殺到したという。どの支援も申請段階で滞ることが多く、疲弊する窓口の係官も繁文縟礼の被害者だろう▲役所が書類を求めるのは公正のためだが、そう言われればここ何年かの政府の公文書管理のでたらめを思い出さざるを得ない。自らは縛られず、緊急事態に苦しむ国民だけを縛るレッドテープはごめんだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです