連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

検察幹部定年延長法案、野党退席 「黒川氏の人事正当化」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 検事総長や検事長らの定年延長を可能にする検察庁法改正案などを審議した13日の衆院内閣委員会で、武田良太行政改革担当相は黒川弘務東京高検検事長の定年延長とは無関係だと強調したが、野党は反発。「黒川氏の人事を後付けで正当化する法改正だ」と批判した。自民党内からも強引な法改正に不満が漏れている。

法相、審議に姿見せず

 「検察庁法に関する質問は本来、法務省からお答えすべきだが」「法務省内部でどういう議論がされたか、具体的なことは言えないが」――。

 武田氏は答弁で、検察庁法改正案は「専門外」であると繰り返しつつ、検察幹部の人事を恣意(しい)的に行うことはないと繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り2115文字(全文2399文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集