メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

「科学と闘う」米政権=坂東賢治

 <moku-go>

 1918~19年のスペイン風邪の世界的流行では当時のウィルソン米大統領も感染した。しかも第一次世界大戦後のパリ講和会議中の事だった。米誌ニューヨーカーが「パンデミックはどう歴史を変えたか」と振り返っていた。

 理想主義者のウィルソンは敗戦国ドイツに寛容であるべきだと主張し、強硬派の英仏首脳と対立していた。しかし、インフルエンザから回復後は、人が変わったように英仏の主張をのんだという。

 ベルサイユ条約はドイツに巨額の賠償金など過酷な要求をつきつけ、ナチスの台頭につながった。もし、ウィルソンが感染していなかったら、第二次大戦に至る歴史も変わったかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです