メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

行き詰まる核燃再利用 再処理工場「合格」、使用可能原発4基だけ

日本原燃の使用済み核燃料再処理工場=青森県六ケ所村で4月、本社機「希望」から北山夏帆撮影

 日本原燃の使用済み核燃料の再処理工場(青森県六ケ所村)が13日、国の新規制基準を満たしたとして、安全審査を通過する見込みとなった。しかし、再処理工場で使用済み核燃料からプルトニウムを取り出して核燃料の再利用を目指しても、肝心の原発の再稼働は進まず、日本原燃自体も組織に課題を抱える。原発で核燃料を再利用する「核燃料サイクル政策」は、なお先行きが見えないままだ。

 政府が再処理工場の稼働を推進してきた根幹には、核燃料の再利用を前提とする核燃サイクル政策がある。原発から出る使用済み核燃料の中にはプルトニウムのほか、ウランの一部が残る。それらを再処理工場で取り出すことで、世界的にも有限とされるウラン資源を節約、有効利用することを目的の一つとする。

この記事は有料記事です。

残り3045文字(全文3368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです