メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナとの闘い

特派員からの提言 強権的手法、反面教師に=中国総局・赤間清広

 世界で初めて新型コロナウイルスの感染爆発が中国湖北省武漢市で表面化して約4カ月。各国でまだ感染の拡大は続くが、中国では発表される1日当たりの新規感染者が数人という状況になっている。ここまで抑え込むことができたのには、中国当局の強権的な対策があるのは間違いない。

 1月23日。武漢市当局は、同日午前10時から鉄道や航空便の発着を全面的に停止すると発表した。事実上の都市封鎖(ロックダウン)だ。それから4月8日午前0時に解除されるまで、1100万人の市民は家の中に閉じ込められ、買い物すらままならなかった。

 他の地域でも「感染予防」の名目で、新たな施策が次々導入された。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです