メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角景気の指数、過去最低を更新 2カ月連続

 内閣府が13日発表した4月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比6・3ポイント下落の7・9だった。新型コロナウイルス感染症を巡り、緊急事態宣言が発令され、全国的に経済が停滞したことが影響した。指数は3カ月連続の大幅な悪化となり、比較可能な2002年以降、2カ月連続で過去最低を更新…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです