メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「給与買い取り」はヤミ金 「ファクタリング」年利1400%超も 都内の業者を提訴

給与ファクタリング業者を相手取った訴訟を起こし、記者会見する原告弁護団=東京都内で13日

 「給与を受け取る権利を買う」とうたう「給与ファクタリング(債権回収)」業者が、実際には違法な高金利で貸し付けをしていたとして、埼玉、神奈川、東京、群馬、香川の5都県に住む利用者の男女9人が13日、都内のファクタリング業者を相手取り、計約440万円の返還を求める訴訟を東京地裁に起こした。「貸金業や出資法の金利規制を避ける脱法行為をしていた」と訴えている。【遠山和宏】

 給与ファクタリングは、業者が利用者の給与を受け取る権利を債権として一時的に買い取り、「手数料」を除いた現金を渡す。利用者は後日、手数料分も含めた額で権利を買い戻す仕組み。利用者が高額の手数料を支払って現金を借りる実態となっており、「新手のヤミ金」との指摘がある。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

  2. グノシー虚偽広告問題 識者「広告主でさえ把握できず」「消費者軽んじすぎ」

  3. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  4. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  5. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです