メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「給与買い取り」はヤミ金 「ファクタリング」年利1400%超も 都内の業者を提訴

給与ファクタリング業者を相手取った訴訟を起こし、記者会見する原告弁護団=東京都内で13日

 「給与を受け取る権利を買う」とうたう「給与ファクタリング(債権回収)」業者が、実際には違法な高金利で貸し付けをしていたとして、埼玉、神奈川、東京、群馬、香川の5都県に住む利用者の男女9人が13日、都内のファクタリング業者を相手取り、計約440万円の返還を求める訴訟を東京地裁に起こした。「貸金業や出資法の金利規制を避ける脱法行為をしていた」と訴えている。【遠山和宏】

 給与ファクタリングは、業者が利用者の給与を受け取る権利を債権として一時的に買い取り、「手数料」を除いた現金を渡す。利用者は後日、手数料分も含めた額で権利を買い戻す仕組み。利用者が高額の手数料を支払って現金を借りる実態となっており、「新手のヤミ金」との指摘がある。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです