メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

福島第1原発 津波時に外部漏出想定 建屋開口部ふさぐ作業

 <ピックアップ>

 東京電力は、福島第1原発の津波対策として原子炉建屋やタービン建屋の開口部をふさぐ作業を進めている。建屋地下には高濃度の放射性物質を含む汚染水が残り、津波流入によりあふれて外部に漏れ出すのを防ぐのが目的。

 建屋の壁や床には通路や階段のほか、配管の貫通部など津波の流入経路になり得る開…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです