メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

チャボの短足、原因を解明 骨作る遺伝子に特徴 名大チーム

チャボの雄=名古屋大提供

 <ピックアップ>

 翼と脚が短いユーモラスな姿で古くから愛玩鳥として親しまれてきた、ニワトリの仲間の天然記念物「チャボ」は、骨の形成と、DNA(デオキシリボ核酸)の修復に関わる二つの遺伝子に特徴があることが分かったと、名古屋大と放射線医学総合研究所(千葉市)のチームが発表した。人でもこれらの遺伝子に特徴がある遺伝性の疾病があり、名大の鈴木孝幸准教授は「病気が発症する仕組みの解明や治療法の開発につながる可能性がある」とした。

 チームは、チャボと普通のニワトリを交配して生まれた子を、さらにチャボやニワトリと何回も交配。生まれたニワトリや卵のDNAを調べた。すると骨が作られる際に働く遺伝子「IHH」と、傷ついたDNAを修復する働きのある遺伝子「NHEJ1」がチャボに関連すると分かった。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです