メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

脳活動を画像化、自ら「操縦」 注目のニューロフィードバック法

ニューロフィードバック技術と応用研究

 画像化された自らの脳の状態を観察しながら「操縦」することで脳の機能を変えられる「ニューロフィードバック法」(NF法)が注目を集めている。精神疾患の治療法として期待されると共に、精神疾患を「脳の異常」として捉え直す動きにもつながっている。

 NF法のやり方はこうだ。被験者の脳の活動を計測し、活動量を示す脳波などの画像をリアルタイムで見せる。被験者は画像を見ながら、望ましい方向に近づけようと試行錯誤する。何かを考えたり念じたり、思い出したり、うまくいくコツは人によりさまざまだという。脳の活動の操作は難しそうだが、研究に取り組む国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)の川人(かわと)光男・脳情報通信総合研究所長は「かなりの人がすぐできるようになる」と話す。

 NF法は1960年代に始まり、ドイツなどでは注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療法として公的医療保険が適用される。効き目のある治療だと思い込むことで効果が出る「プラセボ効果」だという声もあり広がりは限定的だったが、近年再び注目されだした。要因の一つが、ATRが開発した、脳の活動パターンを特定の状態に定着させる方法だ。2018年には、ヘビなどへの恐怖を和らげる実験に成功したと論文発表した。

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです