メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

28歳力士、コロナで死亡 20代、国内で初 三段目・勝武士

死去した勝武士=両国初国技館で2018年2月

 日本相撲協会は13日、三段目力士の勝武士(しょうぶし)(28)=本名・末武清孝、山梨県出身、高田川部屋=が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で亡くなったと発表した。協会は今後、希望する協会員全員を対象に、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施する。厚生労働省によると、これまで国内で報告されている最も若い死亡者は30代で、20代以下の死亡は初めてという。

 協会によると、勝武士は4月4日に38度台の発熱があった。師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所や複数の病院に連絡したが、受け入れ先が見つからない日が続いた。血痰(けったん)があった8日に救急車を呼び同日夜に東京都内の病院に入院。9日に症状が悪化して転院し、PCR検査の結果、10日に陽性と判定された。19日に病状が悪化し、集中治療室(ICU)で治療を受けていたが、5月13日午前0時半に亡く…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです