メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米テスラ工場の一部再開容認 地元の保健当局、感染防止策徹底が条件

米テスラ本社=米西部カリフォルニア州で2016年9月、清水憲司撮影

 米電気自動車(EV)大手テスラのEV生産工場が立地するカリフォルニア州アラメダ郡の保健当局は12日、新型コロナウイルスの感染防止策の徹底を条件にテスラの生産工場の一部操業を容認すると発表した。同郡当局は同日の声明で、テスラ側と工場での感染防止策について協議した上で「来週以降の操業再開に備えた最小限の事業を行うことに同意した…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです