メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国系ハッカーが治療薬研究データを狙っている」FBI声明に中国が反発

FOXニュースのキャスターと話すトランプ大統領(左)=米首都ワシントンのリンカーン記念堂で3日、ゲッティ共同

 米連邦捜査局(FBI)は13日、中国政府と関係するハッカーらが新型コロナウイルスのワクチン開発の研究データなどを盗もうとしているとして、捜査していることを明らかにした。新型コロナ関連の研究に携わる企業や機関に対し、サイバーセキュリティーを強化し、内部関係者による不正行為に警戒するよう警告を発した。中国外務省は「中傷行為」として反発している。

 FBIの声明は具体的な被害の内容に触れていないが、中国政府とつながるハッカーらが新型コロナウイルスのワクチンや治療法、検査に関する知的財産や公衆衛生のデータを不正に入手しようとする行為が確認されたとしている。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 新型コロナ 大阪市立小で児童1人感染 臨時休校 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです