メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国系ハッカーが治療薬研究データを狙っている」FBI声明に中国が反発

FOXニュースのキャスターと話すトランプ大統領(左)=米首都ワシントンのリンカーン記念堂で3日、ゲッティ共同

 米連邦捜査局(FBI)は13日、中国政府と関係するハッカーらが新型コロナウイルスのワクチン開発の研究データなどを盗もうとしているとして、捜査していることを明らかにした。新型コロナ関連の研究に携わる企業や機関に対し、サイバーセキュリティーを強化し、内部関係者による不正行為に警戒するよう警告を発した。中国外務省は「中傷行為」として反発している。

 FBIの声明は具体的な被害の内容に触れていないが、中国政府とつながるハッカーらが新型コロナウイルスのワクチンや治療法、検査に関する知的財産や公衆衛生のデータを不正に入手しようとする行為が確認されたとしている。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 乳がん検診停止、不安 英医療逼迫、98万人受けられず

  5. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです