メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「互いに安心」オンライン初診 新型コロナ患者対応に効果 診断に課題も

パソコンを使い「オンライン初診外来」で診察する医師=大阪市東淀川区の医誠会病院で2020年5月1日、平川義之撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスによる感染防止のため、スマートフォンやパソコンを使ったオンライン診療が4月から特例で初診にも拡大された。新型コロナの感染が疑われる患者の診療もしやすいため導入する医療機関は増えており、一気に普及する可能性が出ている。一方、対面に比べて得られる情報が少なく、現場からは「診断が難しいケースもある」との声も上がっている。

 「健康診断で血圧が高かった。頭もぼーっとすることがある」。医誠会病院(大阪市東淀川区)の「オンライン初診外来」を受診した男性が、スマートフォンを使ったテレビ電話で症状を伝えた。診察室のパソコン画面を通して男性の訴えを聞いていた梁徳淳(ヤンドクスン)医師は「自宅で血圧を測定し、継続して高ければ病院で診てもらいましょう」と指示。診察は20分ほどで終了した。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです