大分・佐伯ブランド「マリンレモン」商標登録 芳醇な香り 潮風受け減農薬で栽培

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
潮風を浴びながら育ったマリンレモン=大分県佐伯市提供
潮風を浴びながら育ったマリンレモン=大分県佐伯市提供

 大分県佐伯市内で栽培されているレモンが「マリンレモン」として特許庁に商標登録された。潮風を浴びて減農薬で育てられたレモンは、輸入物に比べて香りが豊かで味もまろやかという。市は「佐伯ブランド」として知名度の向上に取り組む。

 海岸線の鶴見沖松浦、海崎、大入島の生産農家計10戸が、1.4ヘクタールでレモ…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集