メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ワシより早く逝くなんて」勝武士の中学恩師絶句 地元山梨、広がる悲しみ

新型コロナウイルスに感染して亡くなった勝武士(右から2人目)=東京都江東区の尾車部屋で2020年1月8日午前9時31分、村社拓信撮影

[PR]

 新型コロナウイルスに感染し、入院していた甲府市出身の勝武士(しょうぶし)(28)=本名・末武清孝、高田川部屋=が13日、亡くなった。突然の悲報に県内では驚きと悲しみの声が広がり、在りし日の人柄をしのぶ声も聞かれた。【梅田啓祐、金子昇太】

 勝武士は甲斐市立竜王中を卒業後、高田川部屋に入門した。2007年春場所で初土俵を踏み、身長165センチの小兵ながら足腰の強さを生かし、最高位で東三段目11枚目まで上り詰めた。巡業では相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する「初っ切り」を度々披露し、注目を集めた。

 竜王中柔道部で勝武士を指導した元顧問の佐々木秀人さん(64)は「人一倍、いや2倍3倍と練習する努力家だった」と振り返る。今年3月にあった春場所前、勝武士と電話で「初っ切り」の話や近況を語り合った。退職後、持病の悪化で入退院を繰り返す佐々木さんに「早く良くなってください」と気遣う言葉が今も耳に残っているという。「何事も一生懸命だった。ワシより早く逝くなんて……」と教え子の訃報に言葉を失った。

 勝武士は17年に同郷の兄弟子、竜電関とともに甲斐市立竜王小と竜王中を訪問し、児童生徒と交流した。竜王小の伊藤義嗣教諭は「明るい人柄でユーモアがあり、子供たちも楽しそうだった。学校のイベントで関わった短い時間の中でも優しさや魅力が伝わってきた」と悼んだ。

 勝武士と交流があった「竜電山梨後援会」の飯室元邦会長(72)は「突然の知らせでまだ受け入れられない。ムードメーカーで、よく食べ、性格が明るいので皆から好かれていた。また一緒にご飯を食べに行きたかった」と話した。

 甲斐市の保坂武市長は「入門以来ずっと応援していた。将来の活躍が期待されていただけに残念でならない。心からお悔やみ申し上げる」とのコメントを発表した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです