メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

六ケ所・核燃再処理工場が安全審査通過 「ごみたまる一方」住民不安の声

報道陣の取材に応える六ケ所村の戸田衛村長=六ケ所村尾駮の六ケ所村役場で2020年5月13日午後2時5分、江沢雄志撮影

 日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)は13日、新規制基準に基づく原子力規制委員会の事実上の安全審査を通過した。今後、意見募集(パブリックコメント)や経済産業相の意見聴取などを経て正式に「合格」となる。県内では「審査通過」を受け、地元経済への期待の声などがあがる一方、工場などに保管される核のごみの行方に対する不安も聞かれた。【江沢雄志、井川加菜美】

 再処理工場が立地する六ケ所村の戸田衛村長は同日午後、報道陣の取材に応じ、「審査合格に向けて大きく前進したものと受け止めている。国の対応状況や竣工(しゅんこう)に向けた安全対策工事を注視していきたい」とするコメントを読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです