メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活や資格試験中止「不利にならぬ配慮を」 大学推薦入試で文科省通知

文部科学省=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で高校生の部活動大会や資格・検定試験の中止、延期が相次いでいることを受け、文部科学省は14日、各大学に対し、秋以降に実施する総合型選抜(旧AO入試)と学校推薦型選抜(旧推薦入試)で、こうした結果を記載できない志願者が不利にならないよう求める通知を出した。

 総合型は9月以降、学校推薦型は11月以降としている出願時期などを遅らせるかどうかについては、引き続き検討するという。

 通知では、実情に配慮した入試を実施する方法として、志望大学に提出する推薦書や活動報告書に、部活動大会や資格・検定試験に向けた努力のプロセスなどを記載させて評価することを挙げた。また、休校の影響で出席日数や特別活動の記録などが少ない志願者が不利にならないよう配慮を求めた。

 高校入試に関しても、文科省は13日、出題範囲を工夫するなどの配慮を求める通知を各都道府県の教育委員会などに出している。【大久保昂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです