メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「笑って、洗って、踊ろう」 ピコ太郎さん、小児がんと闘う子供たちにメッセージ

小児がんと闘う子供たちへ応援のメッセージを送るピコ太郎さん=動画投稿サイト「ユーチューブ」より

[PR]

 楽曲「PPAP」で世界的に知られる歌手のピコ太郎さんが、新型コロナウイルス感染拡大の中で小児がんなどの病気と闘う子供たちに向けた応援メッセージ動画を、インターネット上に公開した。「コロナとか病気とか、そんなのに負けていられませんよ。私と一緒に頑張っていきましょう」とエールを送った。

 2月の小児がん支援ライブにチャリティー出演し、子供たちの人気を博したピコ太郎さんに、小児がんの専門医らでつくる「日本小児がん研究グループ」(JCCG)がメッセージを依頼し実現した。JCCGによると、がんの治療中は免疫力が低下して感染症にかかりやすいため、入院中は面会を制限されている子供たちもいるという。JCCGの足立壮一理事長は「不安を抱えながら、人との接触制限などで寂しい思いをしているお子さんやご家族の方々がいる。メッセージは本当にありがたい」と話す。

 ピコ太郎さんは動画投稿サイト「ユーチューブ」に、音楽に乗せて正しい手洗いの方法を伝える動画「PPAP―2020―」をアップロードし、話題になっている。今回の動画では、闘病中の子供たちにも「一緒に笑って、洗って、踊ってください」と呼び掛けている。【竹内麻子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです