大阪府が休業要請の段階的解除を決定 「経済活動維持し、ウイルスと共生を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1週間連続で大阪府が独自に定めた休業要請の解除基準を満たし、緑色にライトアップされた通天閣=大阪市浪速区で2020年5月14日午後7時29分、猪飼健史撮影
1週間連続で大阪府が独自に定めた休業要請の解除基準を満たし、緑色にライトアップされた通天閣=大阪市浪速区で2020年5月14日午後7時29分、猪飼健史撮影

 新型コロナウイルス対策の休業要請を巡り、大阪府は14日夜の対策本部会議で、要請の段階的な解除を正式に決定した。解除の際の独自基準「大阪モデル」は同日も重症者病床の使用率など3指標全てで下回り、条件だった7日間連続を達成した。会議では商業施設など幅広い業種を解除対象として公表した。16日午前0時から適用する。

 吉村洋文知事は会議後の記者会見で、「防戦一方だったウイルスとの闘いが、共存していく新たなステージに入った。これはゴールではない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文977文字)

あわせて読みたい

ニュース特集