メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉野競輪GW売り上げは見込みの4倍 無観客でネット投票集中、市も驚き

無観客で開催されている玉野競輪のレース=岡山県玉野市築港5で2020年5月13日午後5時23分、益川量平撮影

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて3月から無観客開催を続けている玉野競輪(岡山県玉野市)の5月5~7日の売り上げが、当初見込みの4倍となる16億円に上った。全国の多くの競輪場が休止する中での開催でインターネット投票が集中したためで、施行権を持つ玉野市の担当者は「外出自粛でファンの『おうち時間』が増えたことが大きいのではないか」と思わぬ増収に驚いている。

 新型コロナウイルスの影響が出始めた2月27日以降、競輪を統括する公益財団法人JKA(東京都)などの方針で国内のレースはすべて無観客開催となり、売り上げは電話とネット投票に限定されている。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京開催のアーティスティックスイミング五輪予選、4~5月に延期で調整

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです