新型コロナ 旅館の宿泊料、市民は割引に 那須塩原市 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 那須塩原市は14日、新型コロナウイルス感染症対策として、6月から市民が地元の温泉旅館を利用した際に、宿泊料金の半額(上限1万円)を割り引くキャンペーンを実施すると発表した。自粛疲れした市民の精神的な負担を軽減し、休業を強いられた宿泊事業者を支援することで、落ち込んだ地域経済の再生につなげたい考えだ。

 同市は非常事態宣言を解除したが、5月末まで警戒期間と位置づけ、都道府県境をまたいだ移動の自粛や、ホテル・旅館の宿泊者を県民限定にするなど、引き続き感染拡大防止策を講じている。このため、地域経済への影響が憂慮されていた。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文418文字)

あわせて読みたい

ニュース特集