メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・街はいま

調布・深大寺周辺 そば店主「客足戻って」 動画で写真紹介、地域の魅力発信 /東京

松本清張がニジマスの塩焼きを好んで食べた昭和30年代の「そばごちそう門前」=浅田修平さん提供

 新型コロナウイルスの影響で休業していた調布市深大寺周辺のそば店約20軒は、大型連休後に感染防止策を講じて店を開けたが、客足は戻っていない。店主の一人、浅田修平さん(73)らは、昭和30年代のこの地の懐かしい写真約15点を紹介した動画を公開した。今も昔も緑に囲まれ、魅力あふれる深大寺を再確認してもらい「一日も早く平常に戻ってほしい」と話す。

 浅田さんは1955(昭和30)年創業の「そばごちそう門前」を経営する。店にはかつて作家の松本清張(09~92年)も訪れ、都立農業高神代農場が養殖したニジマスの塩焼きを好んだという。小説「波の塔」は店がモデルになったと思われる場面もある。店には創業当時の客らが撮影した写真約50点が残っている。当時若いサラリーマンらが週末に遊びに来て、初任給で買ったカメラで撮っていったという。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです