メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 持ち運び便利“除菌魚” 畠中社長、しょうゆ差しに消毒液 香南 /高知

除菌魚を手にする畠中拓馬社長=高知県香南市で、郡悠介撮影

 新型コロナウイルスの感染予防に役立ててもらおうと、東武ギフト(香南市野市町西野)の畠中拓馬社長(41)が、魚型のしょうゆ差しにアルコール消毒液を入れた“除菌魚”を作った。客や知人に配り、好評という。

 畠中社長は伝統行事・どろめ祭り(香南市)の「大杯飲み干し大会」であおり役を務める。約1年前にSNS上でヒントを得て、お弁当に使われる魚のしょうゆ差しに…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. 全高18m、動く「実物大」ガンダムがついに横浜に 12月19日オープン

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー佐藤天彦九段 第7局の2

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです