連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

新型コロナ 39県、緊急事態解除(その2止) 数値目標、専門家と溝 「全国一律」巡り綱引き

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
モニターにうつされた新型コロナ患者の様子を見る集中治療医=岐阜市民病院提供
モニターにうつされた新型コロナ患者の様子を見る集中治療医=岐阜市民病院提供

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け全国に拡大した「緊急事態宣言」が39県で解除されたが、解除の目安となる新規感染者数の数値目標を巡っては、政府と専門家との考えに隔たりがあった。一方、もう一つの目安である医療提供体制では、人工呼吸器などを使う重症患者が減り、病床にも空きが増えるなど余裕が出てきたことが解除を後押しした。

 14日、新たに17人の新型コロナ感染者が確認された愛媛県。確認されたのは松山市の病院で、13日夕までに職員2人の感染も確認され、クラスター(集団感染)とみられる。緊急事態宣言の解除を巡り、政府専門家会議が示した目安は「直近1週間の新規感染者数が人口10万人あたり0・5人未満程度」。「17人」はこの目安を超える。

この記事は有料記事です。

残り2420文字(全文2737文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集