新型コロナ 情緒的な言葉は不要 精神科医・香山リカさん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス対策をめぐる政府の説明は「感謝」「敬意」など情緒的な言葉が多用されているが、緊急事態宣言解除の判断も、科学的な裏付けからではなく「このあたりで大丈夫だろう」という雰囲気が優先されたように感じる。

 私のもとへ相談に来る患者さんの悩みも、休職に伴う経済不安など現実的なものが増えてきた。感染実態もつかめず補償も届かないなか、安倍晋三首相は「速やかに」「全力で」という言葉を繰り返して私たちを安心させようとしているが間違いだ。

 一方、この情報社会で人々が物事を理解する能力は高まっている。患者さんのウイルスに関する知識に驚かされることがあるし、難しいテーマであるはずの検察庁法改正案に対する抗議がツイッター上で広がったのも、その表れと思う。情緒的な言葉でなく、今は理にかなった説明が求められているのだろう。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文569文字)

あわせて読みたい

注目の特集