メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検察庁法改正案、午後採決の方針 首相「追及逃れとの指摘は全く当たらない」

39県での緊急事態宣言解除について記者会見で説明する安倍晋三首相=首相官邸で2020年5月14日午後6時13分、竹内幹撮影

 衆院内閣委員会は15日午後、検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案を含む関連法案の質疑を行う。与党は質疑後、採決を求める方針だ。

 安倍晋三首相は15日午前の参院本会議で「内閣の恣意(しい)的な人事が行われることはなく、自らの疑惑追及を逃れることが動機との指摘は全く当たらない」と理解を求めた。午後の質疑には森雅子法相も出席。内閣や法相が認めた…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです