メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルVS

「AIは著作権とビジネスモデル変えていく」 福井健策弁護士に聞く

AIと著作権の関係に詳しい福井健策弁護士=骨董通り法律事務所提供

 人工知能(AI)の登場で、著作権はその存在意義を問われている。これまで時間をかけて創作された希少な作品を守るのが役割だったものの、AIで大量にコンテンツが作られるようになり、著作権によって創作活動を経済的に支えるモデルが崩れつつあるからだ。現在の課題について、AIと著作権の関係に詳しい福井健策弁護士に聞いた。【聞き手・宮崎稔樹】

 ――技術が発達し、AIを利用して生まれた作品が世の中に出回るようになってきました。そのようなAI作品の著作権は、どう位置づけられていますか?

 ◆現在のAIブームにおいて、この問題はさまざまな形で議論されてきた。私も加わった内閣府知的財産戦略本部の二つの委員会が2017年3月にまとめた報告書は、AIを道具として使い、人間が創作した場合は著作権が認められるとする一方、人間の創作的な関与が無い形でAIが生成したものに著作権は認められないと整理している。

この記事は有料記事です。

残り2427文字(全文2819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです