メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャの難民キャンプで初の新型コロナ感染者を確認 拡大の可能性

バングラデシュ南東部コックスバザールのロヒンギャ難民キャンプ=2019年3月(ロイター共同)

[PR]

 バングラデシュ南東部コックスバザールにある隣国ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプで、新型コロナウイルスの感染者が初めて確認された。ロイター通信が14日、伝えた。100万人以上が密集して暮らし、衛生状態が悪いため、感染拡大が懸念される。

 2017年8月以降、武装集団と治安部隊の衝突からロヒンギャ約74万人が避難。それ以前の避難者も含めるとキャンプの人口は100万人を超える。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです