特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「観光バス車内で一人カラオケ」 コロナ苦境のバス会社が発案 新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バスに付いているカラオケで歌うデモをする小林さん=新潟市南区で、露木陽介撮影
バスに付いているカラオケで歌うデモをする小林さん=新潟市南区で、露木陽介撮影

 15台の観光バスが車庫にひっそりと並び、鳥よけのネットが掛けられていた。

 「緊急事態宣言が解除になっても、お客さんは慎重になってしまうのではないか。学校が再開しても校外学習などがないと、状況は変わらない」と話すのは、新潟市南区のバス会社「新潟第一観光バス」常務取締役の小林香織さん(38)だ。

 同社は、新潟県内では区内の中学校のスクールバスや校外学習の送迎、県外へは冠婚葬祭の式場や大学生のサークルなどの合宿の送迎がおもな業務だった。それが3月の休校措置でスクールバスはなくなり、緊急事態宣言が県内に拡大した4月からは県外への送迎もほぼキャンセル。売り上げは前年同期から約95%も落ち込んだ。11人いる従業員は2月後半から自宅待機している。

 他社ではバスを手放すところもある中、小林さんは「やはり商売道具だから手放せない。いま手放しても金額は知れているし、また買うにしてもお金がいる」と話す。少しでも経費を抑えるため、国土交通省の特例措置を使い、バス9台を9月末まで休車扱いにした。普段はナンバープレートを外すなどの措置が必要だが、新型コロナの感染拡大で不要になった。保険金がかからず、車検や3カ月点検などの法定検査も受けずに済むという。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文888文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集