特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

調布・深大寺の今昔を動画で そば店店主らが公開 にぎわい復活の願い込め

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
閉鎖された深大寺の山門前の浅田修平さん(左)と貴山圭子さん。疫病神を追い払った角大師のお札や疱瘡(天然痘)除けのおまじないで赤く塗っただるまのかぶり物を持って日常が戻るのを願った=東京都調布市で、斉藤三奈子撮影
閉鎖された深大寺の山門前の浅田修平さん(左)と貴山圭子さん。疫病神を追い払った角大師のお札や疱瘡(天然痘)除けのおまじないで赤く塗っただるまのかぶり物を持って日常が戻るのを願った=東京都調布市で、斉藤三奈子撮影

 新型コロナウイルスの影響で休業していた東京都調布市深大寺周辺のそば店約20軒は、大型連休後に感染防止策を講じて店を開けたが、客足は戻っていない。店主の一人、浅田修平さん(73)らは、昭和30年代のこの地の懐かしい写真約15点を紹介した動画を公開した。今も昔も緑に囲まれ、魅力あふれる深大寺を再確認してもらい「一日も早く平常に戻ってほしい」と話す。

 浅田さんは1955(昭和30)年創業の「そばごちそう門前」を経営する。店にはかつて作家の松本清張(09~92年)も訪れ、都立農業高神代農場が養殖したニジマスの塩焼きを好んだという。小説「波の塔」は店がモデルになったと思われる場面もある。店には創業当時の客らが撮影した写真約50点が残っている。当時若いサラリーマンらが週末に遊びに来て、初任給で買ったカメラで撮っていったという。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文765文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集