メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀県初のPCRセンター 草津総合病院に開設「開業医の負担解消にも」

草津総合病院の敷地内に設置された「地域外来・検査センター」でPCR検査用の検体採取をする看護師(左)=滋賀県草津市矢橋町の同病院で2020年5月14日午前10時59分、礒野健一撮影

 新型コロナウイルスのPCR検査用の検体採取を行う、滋賀県内初の「地域外来・検査センター」が14日、草津総合病院(草津市矢橋町)で報道陣に公開された。

 センターは一般外来入り口から離れた、救急センター入り口前に、仮設テントで設置。テント内で看護師が鼻の奥の粘膜を拭い取り、検体を採取する。一般外来による検体採取…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです