メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道防具用マスク 容易に着脱「苦しくない」 九州学院剣道部にOBら寄贈

剣道マスクを装着した面をかぶった部員=栗栖由喜撮影

[PR]

 剣道での新型コロナウイルス感染防止のため、全国大会を連覇するなどの強豪、九州学院中学・高校(熊本市)の剣道部に、OB・後援会が面に装着できる「剣道マスク」を80個贈った。

 2019年に、中学剣道部は全国中学校剣道大会の男子団体戦で3連覇、高校剣道部は全国高校総体の男子団体戦で2年連続8度目の優勝を果たすなどの成績を残した。

 臨時休校に伴い部活動も休止中だが、OB・後援会長で部員の指導にあたる荒木章博さん(66)は「学校が再開しても、感染防止対策をしなくては、子どもたちが剣道をする機会が奪われてしまう」と危機感を募らせ、剣道専用のマスクを贈呈した。マスクは透明なプラスチック製で、面金に引っ掛けて容易に着脱でき、消毒もできる。

 マスクを着けて面をかぶった高校2年の米沢一郎さん(16)は「マスクは着けていても息苦しくない。今年は高校総体などが中止になったが、また日本一を目指して努力していきたい」と語った。【栗栖由喜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです