メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市の教会や寺院 15日午後2時一斉に鐘 医療従事者への感謝と終息願い

鐘を鳴らす取り組みに参加予定のカトリック古賀教会=福岡県古賀市で青木絵美撮影

 新型コロナウイルスに向き合う医療従事者への感謝と終息の願いを込め、福岡市や近隣のカトリック教会と寺の有志が15日午後2時、一斉に鐘を1分間鳴らすことになった。宗教の違いを超えて初めて企画。密集を避けるため信徒の集合はせずそれぞれの場所で祈るよう呼びかけている。

 発案したのは、福岡市中央区のカトリック大名町教会の信徒有志で、知人を通じて市内140の寺が加盟する市…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです