特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

抗体検査、1万人規模で実施へ 6月めどに複数の都道府県で 厚労省

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で抗体検査について説明する加藤勝信厚生労働相=厚労省で2020年5月15日午前8時41分、手塚耕一郎撮影
記者会見で抗体検査について説明する加藤勝信厚生労働相=厚労省で2020年5月15日午前8時41分、手塚耕一郎撮影

 加藤勝信厚生労働相は15日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染歴を調べる「抗体検査」について、6月をめどに住民を対象に1万件規模で実施する計画を明らかにした。感染者数が多い地域と少ない地域を含む、複数の都道府県で行う。

 抗体検査では、新型コロナにその時点で感染しているかどうかを調べるPCR検査と異なり、ウイルスが体内に侵入した後に作られる抗体の有無を調べることで感染歴を把握できる。

 また、加藤氏は、抗体検査の本格実施に先立ち4月下旬に行った「抗体検査キット」の性能評価の結果を公表。東京都内と東北6県で日本赤十字社の献血を通じて無作為抽出した各500検体のうち、東京で最大3件(0・6%)、東北で同2件(0・4%)について陽性反応が出たとした。検査キットによって陽性反応が出た数は異なっていた。一方、新型コロナが感染拡大する前の昨年1~3月に関東甲信越で採血して保存されていた献血…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文719文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集